水位計測システムアクアメディ システム情報

水位計測システムアクアメディ よくある質問

システムの基本構成はどうなっているの?

アクアメディの基本構成は下図の通りです。

アクアメディのシステムブロック図

上に戻る

どんな場所での運用が向いているの?

アクアメディは、特に下図に挙げる場所での運用に向いています。

アクアメディの運用例

上に戻る

アクアメディを導入するメリットは何?

水位計測精度を維持しながら、コストを大幅に下げることができます。いままで他社ではオプションとされてきたBCD出力機能、計測データ記録機能を標準搭載しています。また、GPS受信による水位計変換器の内部クロック校正機能や警報メールなど、新たな機能を搭載しながらも、リーズナブルな価格に抑えました。

上に戻る

警報メールの送信先は何件まで設定できる?

送信先メールアドレスは標準で3件、オプションで5件まで設定できます。複数の関係者で情報共有が可能です。

上に戻る

警報メール機能は同じ内容を何度も送信してくるの?

いいえ。一定時間待ってから再度状態をチェックし、まだ異常がある場合に送信します。計測値の監視と警報メールの送信状態の管理を同時に行うことにより、早まった送信や、同じ内容を何度も送信することはありません。

上に戻る

警報メールを送信する条件は?

以下の条件にあてはまった時に警報メールを送信します。
●水位計測値があらかじめ設定した基準水位を超えた時
●水温が0℃を下回った時
●水位計変換器の本体電圧が低下した時

上に戻る

保存した計測データはCSVファイルにどういう形で展開されるの?

USBメモリに出力保存したCSVファイルをExcelで開くと、以下のように日付、時刻、水位データ、雨量データを一行ごとに展開します。

CSVファイル例
Copyright © 2005- IZM All rights Reserved.